TFCC損傷とは?

TFCC損傷という名前を耳にしたことがないと言う人は多いかと思います。TFCCとは、日本語では三角線維軟骨複合体(さんかくせんいなんこつふくごうたい)と呼ばれる、手首にある軟部組織のことです。靭帯や軟骨が組み合わさったもので、手首の外側からの衝撃を吸収したり、手首を滑らかに動かす働きのある部分になります。

TFCC損傷とは、TFCCが外部からの衝撃によって傷つく症状のことです。テニスや野球など、手首をよく使うスポーツによっても発症しますが、転倒時に地面に強く手を突いてしまったときや、交通事故によっても発症することがあります。自転車のハンドルを握っている際に交通事故に遭うなど、手首に強い衝撃が加わった時にも起こります

主な症状は、手首の小指側の腫れや痛みの他、腕を回したり手首を外側にひねるような動作を行うと痛みが走ったり、クリック音がするといったものです。そのため腕や手首を使った動作が困難になり、ドアノブが回しにくい、雑巾を絞ると手首が痛むなど、日常生活にも支障をきたします。交通事故が原因の場合、最初は手首の捻挫と診断されることも多いですが、症状が続くようであれば早めに再度病院で診察を受けたほうが良いでしょう。