TFCC損傷の治療法

交通事故によってTFCC損傷と思われる症状が現れた場合、すぐに専門医に診てもらいましょう。TFCCは骨ではなく軟部組織のため、レントゲンでは判断することができません。関節造影検査やMRIなどによって判断されますが、これも非常に難しいため専門医が細かくカルテに記載しておかないと交通事故の後遺障害認定を受けられない場合があります。交通事故によって手首の痛みや違和感を感じていたら、医師に細かく症状を伝え、それをカルテに記載してもらうよう伝えましょう。

TFCC損傷の主な治療法には、保存療法と手術の2つの方法があります。保存療法はギプスやサポーターなどによって患部を固定する方法です。交通事故直後はTFCC損傷だけでなく捻挫をしている可能性もあるため、無理に動かさずに炎症や痛みが引くのを観察していきます。

また、痛みが引かない場合にはステロイド関節内注射によって痛みを緩和させることもあります。一方で、TFCCが断裂している場合や、保存療法で経過を観察していても改善が見られない場合には手術による治療が行われます

傷みが長期間続き、慢性化する恐れがあるため気づいたら早めに専門医にかかり、治療を行うようにしましょう。